makikiのweb*frog

ミミズにエサやってます ミミエササポートbbs
ほぼ最近の一枚 ほぼいちbbs
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Blueberry Spartan 花芽ほころぶ
ほぼいちのtopimgより、Blueberry Spartanです。

Spartan

SpartanはNorthern Highbushで、生食向き・おいしい・自根株(※01)の経年育成が首都圏・暖地では難しい、などとberry berryな私にとって”あこがれ”のbbなのだぁ。

Spartan02

※01:
homebellなど強靭な株に接木すると、Spartanは首都圏でも元気に育ってくれるそうなのだ。
自分の根っこだと、どうもいけないらしい。
まずは接木して(保険ね)、それから自根育成してみよう、って段取り。ブルーベリー
| ほぼいちtopimg | 21:19 | comments(3) | trackbacks(2) |
花後のタカネハンショウヅル
ほぼいちのtopimgより、タカネハンショウヅルです。
花後はまた、種のケケケが羽毛のようになって、見ていて楽しいです。

花後のタカネハンショウヅル

日本の原種クレマチスです。秋咲き。
普通のハンショウヅルより華やかで、シベに特徴があります。

タカネハンショウヅル

こんな花がたくさん咲いて、ツリー仕立てにするととてもかわいいですよ〜。
| ほぼいちtopimg | 19:49 | comments(2) | trackbacks(0) |
ステビアの花
ほぼいち topimg より。
とっても小さな花。Stevia rebaudiana (キク科)

Stevia rebaudiana

今年はせっせと挿し木して、株を増やした。
種は取れるだろうか。
甘味料で有名だが、素人作りのシロップのあの青臭い甘さはどうも苦手。
それより堆肥にするのが目的なのだ。
木製フロースルーはできるだけピュアなエサを入れることにしてる。
ステビアを刈り取って他のエサと混ぜて、フンフン堆肥にしてもらうのだ。
シマミミズは甘いのが好きだしね。(笑)
で、わざわざ何でステビア入り堆肥なの?ってことだが。
もちろん、ブルーベリーの事があるからさ。ブルーベリー
| ほぼいちtopimg | 12:26 | comments(4) | trackbacks(0) |
バアソブ
ほぼいちのtopimgより、Codonopsis ussuriensis(バアソブ)です。

バアソブ

ツルニンジンの仲間で、日本の各地、山野・裾野で自生しているそうな。
うちではCodonopsis lanceolata(ツルニンジン/ジイソブ)と鉢を並べて比較できるけど、フィールドではなかなか見分けが難しいかも。
うちの株に限って言うと、バアソブのほうが全体的に少し小ぶりで、開花期は重なるけど一月ほど早いです。
花冠とツルの巻き方向など、違いがあり。
結実しているので、種の違いも観察できるかも。
ほぼ最近の一枚でバアソブの詳しいページを作る予定だけど。
撮影枚数が多いので、モチベーションがイマイチあがらず…。
そのうちね。

けっこう古株のじっ様です。Codonopsis lanceolata

ジイソブ

じっ様のページは以前より公開しているので、こちらでどうぞ。
サムネイル・クリックでflashします。
ばっ様に合わせて、じっ様のページも再編集する予定だけどね〜。

p.s:バアソブの根っこ〜 20041121撮影

バアソブの根っこ〜
| ほぼいちtopimg | 22:35 | comments(3) | trackbacks(0) |
Hygrorhyza aristata
Hygrorhyza aristata
ヒグロリーザ・アリスタータ(ハイグロリザ)
水面に浮かぶイネ科の水草。
水草としてはけっこう異質な感じ。
ヒツジグサの水鉢にうねうねと同居している。
| ほぼいちtopimg | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) |

+ PROFILE
+ MY HP LINKS * Direct
ミミズコンポスト
makikiのミミズ箱
blueberryお作法
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ BlogPeople
+ TRACK BACK PEOPLE
+ RECENT T-BACK
mobile
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ