makikiのweb*frog

ミミズにエサやってます ミミエササポートbbs
ほぼ最近の一枚 ほぼいちbbs
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< 自生のクコ発根 | main | クロマメノキ >>

Blueberry Spartan 花芽ほころぶ
ほぼいちのtopimgより、Blueberry Spartanです。

Spartan

SpartanはNorthern Highbushで、生食向き・おいしい・自根株(※01)の経年育成が首都圏・暖地では難しい、などとberry berryな私にとって”あこがれ”のbbなのだぁ。

Spartan02

※01:
homebellなど強靭な株に接木すると、Spartanは首都圏でも元気に育ってくれるそうなのだ。
自分の根っこだと、どうもいけないらしい。
まずは接木して(保険ね)、それから自根育成してみよう、って段取り。ブルーベリー
| ほぼいちtopimg | 21:19 | comments(3) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 21:19 | - | - |
こちらも日中はだいぶ暖かくなってきました。10度超すと春めいてきますね。
一昨年からラズベリー&ブラックベリーの鉢植えしてますが、
年中15度以上の部屋に置いていた時はよく葉や芽がが枯れたりしてました。
昨年引っ越した古アパートの冬は凍る寸前の玄関に置いてからはメチャクチャ調子がよいです。この春はやたら葉芽が出てきました。
やはり寒冷地の植物は寒い冬が必要みたいです。
| ちょうめい | 2005/04/13 11:35 AM |

makikiさん blueberryのみなさん こんにちは。
サンフランシスコベイエリアは、目がくらむほど日差しが強く成って、昨日まで ほんわか暖かい気分でしたが地球の向きが初夏に向いたなと思います。写真の花芽の中にブル ベリーがもう育っている感じですが、、、花芽の中の形がブル ベリーになるのですか。
私の庭のは、小さい白い花が咲きます。花びらがなくなってぺったんこの緑が膨らんでベリーになります。冬 咲いた花は雨で駄目に成りました。やっぱり季節を間違えたら駄目なんだな。接ぎ木をするのですか、出来ないと思うけれど いい勉強になります。
| takako | 2005/04/16 7:13 AM |

ちょうめい さん。
ほっかいろも、もう春だねぇ。
ラズベリーやブラックベリーは冬葉を落として寒さに合って、春の芽生えがどどっとくるやつらです。
ブルーベリーなどは寒さの積算が必要で、春の芽生えが違ってきます。
特に、ほっかいろの環境に合うbbはしっかり寒さに当てましょね。
長く厳しい冬があって、ほっかいろの春の緑は格別でしょねぇ。

takakoさん
>地球の向きが初夏に向いたなと思います。
あはは、いい表現だなぁ。いいな。
>花芽の中の形がブル ベリーになるのですか。
花芽ひと房の中に複数の花が付いてます。
開花して受粉すれば花が落ちて、萼のように見えるところが実になって太ってきます。
bbの品種は違うと思うけど、takakoさんちもおんなじですよ。
たぶんそっちなら、ラビットアイ(Rabbiteye)系だと思うけど。
実が太るにつれ、だんだん赤味が差してきて「ウサギの目」みたいになって、やがて深い紫になります。
日本の耳掻きについてる羽毛の耳掃除みたいなのを作って、人工授粉すると確実に実がつきますよ。
ミツバチなどがブンブン飛んでいれば自然に受粉します。
ラビットアイは特に、同系統で複数品種を揃えて受粉させないとね。
私のSpartanはNorthern Highbushという系統で、本来寒い地方向きなんです。
それを日本の首都圏で無理やりうまく育てようとしてるわけ。(笑)
| makiki | 2005/04/17 10:09 PM |










http://makiki.jugem.cc/trackback/89
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/02/02 12:23 PM |
barcode printing
Blueberry Spartan 花芽ほころぶ
| barcode printing | 2007/03/24 10:44 AM |
+ PROFILE
+ MY HP LINKS * Direct
ミミズコンポスト
makikiのミミズ箱
blueberryお作法
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ BlogPeople
+ TRACK BACK PEOPLE
+ RECENT T-BACK
mobile
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ